高齢者にも大人気!麻雀の魅力とは

麻雀が高齢者に人気の理由とは?

麻雀(マージャン)は幅広い世代において人気がありますが、高齢者の間でもブームになっています。
高齢者の自立をサポートする公的施設やシニアが集まるラウンジなどにおいて、プレイを楽しむ人が増加しています。

いくつか麻雀を楽しむグループが結成されていて、社会的交流を行うことができたり、加齢によって低下していく脳や体などの機能を改善することが可能です。

認知症の予防に役立つと言われていて、積極的に導入している施設もあります。
以前はトランプゲームなどをやっていたがそれをやめて、麻雀を始めたという人もいるでしょう。

トランプゲームは高齢者にも人気がありますが、麻雀にはいろいろなメリットがあり例えば他人に対して気兼ねなく参加することができたり、和気あいあいとゲームを楽しむことが可能です。

脳を使わないとゲームに勝てないので想像力を高めることができるでしょう。
若い頃にやっていた人や、シニアになってから教えてもらったという人も参加しています。

麻雀は脳に刺激を与えることができる

一般的に麻雀は脳に刺激を与えることができ、脳細胞を活性化するのに非常に役立つと言われています。
実際ゲームに参加している本人は脳細胞を活性化しようとやっている人は少ないでしょうが、大きな刺激にはなるでしょう。

仲間と一緒にテーブルを囲むことを楽しみにしている人もいるそうです。
かなり高齢になってもプレイすることができ、社交の場として仲間と一緒におしゃべりしながら時間を楽しむことができます。

椅子に座ってテーブルを囲み、道具があればすぐに始めることができるので便利です。
いろいろな魅力があり、例えばゲームに集中し他のプレーヤーに遅れないよう目や手を速く動かすよう配慮したり、時にはチャレンジするので良い刺激になるでしょう。

親1人と子供3人~4人で行うゲームで、最初サイコロを振ってから親を決め、全員に13個牌が配られるルールです。
4人が順番に牌を引いたり捨てるという行為を繰り返し、自分のアガリ役つまり牌の組み合わせの完成形を作っていきます。

どの牌を捨てるかを考えたり、他のプレーヤーが捨てるだろう牌に細心の注意を払わなければいけません。
牌が自分のアガリ役に必要なら、それを引かなくてはならないからです。

脳を最大限に働かせないとゲームに勝つことができない

瞬時に判断しながらスピーディに正確に実行しないとゲームには勝てません。
ゆっくりやっても反則にはなりませんが、スピード感を持ってプレイするのが暗黙のルールになります。

このようにプレーヤーは牌を持った手を動かしたり、同時に互いに相手の手の内にある牌を注意しなければいけません。
動く標的を目で見ながら自分にとって最適な判断や適切な行動を行うようになります。

つまり脳を最大限に働かせないとゲームに勝つことができないので、脳内活動にかなり有益なゲームと言えるでしょう。
これは目や手の協調運動と呼ばれていて、脳の前頭葉が関係しています。

このような機能は年齢を重ねると次第に衰えてくるものですが、ゲームすることによって脳に刺激を与えることから機能低下を予防することが可能です。
ある調査結果によると麻雀をプレイしたことのある人は他の人に反応するスピードや正確さに関して、ゲームをしたことのない人を上回ったそうです。

目と手の協調運動はさまざまな日常生活の動きにとって非常に重要です。
プレイすることから脳内機能の低下が予防することができるので、高齢者の自立生活を維持したり向上することに繋げることができるでしょう。

近年いろいろなゲームがリリースされていますが、参加することによって社交的な繋がりを得ることができたり、いろいろな人とコミュニケーションを図ることが可能でゲームを通して脳を鍛えることができます。